【文字サイズ変更ボタン】

ボディケアが置き去り?

ドレスの後ろ姿

前回にひき続き
50代女性の外見的な華やかさについて
お届けしたいと思います。

50代からの女性が華やかさを失わないためには
メイクアップ以外の要素にも目を向ける必要があります。

前回はヘアケアを見直そうというご提案をさせていただきました。

今回はボディケアです。

ボディケアの必要性に気づく年齢は人それぞれですね。

今は10代からケアしている女性もたくさんいますが
あなたはいかがでしょうか。

 

 

ボディケアしていないと…

パントマイム

実は
ボディケアを置き去りにしている50代女性は
他者の目からはすぐにわかります。

半袖を着るような春夏など
ハッキリと目についてしまうからです。

意外と死角になっている部位なのですが…。

 

そうです。

「ひじ」と「ひざ」です。

 

あなたは
ガサガサの肘になっていらっしゃいませんか?

ザラザラの膝ではありませんか?

もしかするとヒジもヒザも
黒ずんでしまっているかもしれません。

 

困ったことに
ヒジは背後や横からでないと自分では見えず
ヒザものぞき込んでやっと見える部位ですね。

ところが
人からは本当によく気づかれる場所なのです。

(あ、ずいぶん黒ずんでる…)
(なんだかシワっぽい…。)

とついつい目に入ってきます。

 

そして
乾燥したひじの黒ずみもひざの黒ずみも
そのまま老けた印象につながってしまいます。

ボディケアを怠っていると一目で
華やかさとはかけ離れた存在に見られてしまうのです。

 

特にひざは荒れた部分の面積も大きめで
薄手のストッキングをはいていても
透けて見えてしまうので残念です。

私はパンツルックだから大丈夫
と思っていらっしゃる方も
たまにはくスカートの時に慌ててしまうかもしれませんね。

 

 

ボディケアする?しない?

ホテルの洗面台

もしあなたが
華やかに見えるメイクがしたい
と思いながら日々頑張っていらっしゃったとしても
ボディケアを忘れていたらどうでしょうか。

 

人はあなたの全身を目に入れて
(華やかで素敵な人だなぁ)と思ってくれるのです。

スベスベで潤ったひじの人は腕全体がキレイに見えますし
白く明るいひざは脚を長くスラっと見せてくれます。

肌が美しく見える50代女性は
それだけでとても華やかに見えるのですね。

 

まだあなたがボディケアを始めていないとしたら
早速スタートしましょう。

 

 

ボディケアはカンタン!

化粧品の小瓶

ボディケアといっても
何も難しいことなどありません。

わざわざエステサロンに行ったり
高価な化粧品をそろえなくてもすぐに始められます。

毎日の習慣に組み込んでいきましょう。

 

それでは
ボディケアには何を使ったら良いでしょうか。

ボディケア用の化粧品は様々な形状のものがあります。

ボディ ローション
ボディ クリーム
ボディ オイル
ボディ バター
などなど。

その中でも50代女性におすすめしたいのは
ボディジェル
です。

 

年齢を重ねた女性の肌にとって
ボディローションはさらっとしたものが多いので
ガサガサのひざやひじを滑らかにするには
少し物足りない気が致します。

クリームやオイルやバターは
しっとりと柔らかくしてくれるのは良いのですが
水分補給はあまり望めません。

この点ボディジェルですと
水分補給だけでなく表面の保護作用もあるものが多く
簡単にケアできるのです。

 

お風呂上がりにお顔のお手入れと一緒に
ひじとひざはもちろんのこと
ブラウスやシャツから覗く首や胸元などにも
ボディジェルをぬるようにしましょう。

 

さらに同時に
ハンドケアもなさってはいかがでしょうか。

手の甲の乾燥と小ジワも
華やかさと逆行する老化のサインです。

いつもはハンドクリームでケアしていらっしゃるあなたも
ボディジェルをぬった上からハンドクリームでカバーすれば
より潤いが閉じ込められてさらにツヤがキープできます。

お風呂上がりのお肌が柔らかい時に
指先までていねいにジェルをぬり込む習慣をつけますと
ささくれ(さかむけ)などもいつの間にか落ち着いてくるでしょう。

 

 

ボディケアで輝きアップ

砂時計

毎晩のお風呂上がりに
今までより5分ケアの時間をかけてみましょう。

自分の目からは見えにくいけれど
人の目からはよく見える部位が
ボディケアすべきところですね。

髪がショートの方は
うなじや耳の裏
首の横なども気をつけて。

横から見た姿
後ろから見た姿
に気を配ってください。

乾燥と肌荒れでキメの乱れていたボディをケアしていくと
いつの間にか肌が明るさを取り戻し
遠目にも華やかになれるのです。

 

ちなみに
ボディケアのポイントは
水分を与えてふっくらさせ柔らくして守ること。

ですので
必ずしもボディジェルでなくても大丈夫です。

少し手間はかかってしまいますが
ローションとクリームの組み合わせでも
同じ効果が得られるでしょう。

ただ腕や脚にぬるには
とろみのあるジェルがぬりやすく便利かもしれません。

 

 

ボディケアとヘアケアしながら…

手鏡とブラシ

前回と今回で
50代女性のためのヘアケアとボディケア
についてお届けしました。

メイクを華やかにしたつもりでも
なぜだか華やかさに欠ける…
と感じていたなら
どうぞヘアとボディのケアを加えてみてください。

しばらくすると
メイクの見え方まで驚くほど変わってきて
もっとお手入れが楽しくなることでしょう。

 

 

品格メイクは登録商標です。